水素製造・貯蔵基盤研究チーム

CO2フリー燃料・CO2リサイクル
連携と融合で水素社会実現への障壁を取り除く

CO2排出量を大幅に削減するため、水素製造・貯蔵・利用技術を開発しています。

水素製造・貯蔵基盤

研究テーマ

  • メタンの直接分解によるCO2を副生しない水素製造技術の開発
  • アニオン交換膜形水電解技術の開発
  • エネルギーキャリア(アンモニア)・合成燃料(メタン・e-fuel)の高効率製造・利用技術の開発
  • 水素吸蔵合金を利用した高効率・低コストエネルギー貯蔵システムの開発
  • 水素発電用耐熱材料の開発
  • 高圧水素ガス・液体水素利用技術の開発

社会貢献・
実装イメージ

水素を利活用する社会インフラを構築。

メンバー紹介

副研究センター長 (領域長補佐、水素製造・貯蔵基盤研究チーム長)

羽鳥 浩章

エネルギー・環境領域研究企画室長 (兼務 GZR 水素製造・貯蔵基盤研究チーム)

高木 英行

メンバー(兼務)

佐久間 雄一

メンバー(兼務)

伊藤 博

メンバー(兼務)

田中 洋平

メンバー(兼務)

加登 裕也

メンバー(兼務)

望月 剛久

メンバー(兼務)

榊 浩司

メンバー(兼務)

金 賢夏

メンバー(兼務)

崔 隆基

メンバー(兼務)

篠田 健太郎

メンバー(兼務)

森岡 敏博

メンバー(兼務)

梶川 宏明

メンバー(兼務)

飯泉 英昭

メンバー(兼務)

小倉 秀樹

国際制度来所者

BHOGILLA Satyasekhar

テクニカルスタッフ

川添 美智子

テクニカルスタッフ

川添 義徳

テクニカルスタッフ

野津 育朗

水素は、カーボンニュートラル時代を見据え、電化が難しい熱利用の脱炭素化、電源のゼロエミッション化、運輸・産業部門の脱炭素化、アンモニアや合成燃料の製造、再生可能エネルギーの効率的な活用など多様な貢献が期待されています。水素製造・貯蔵基盤研究チームでは、革新的な水素製造技術、水素・エネルギーキャリア利用技術、またエネルギー貯蔵や合成燃料製造技術などにおいて基盤となる触媒・材料・反応システム・評価技術等に関する研究開発に取り組んでいます。

関連動画

https://www.youtube.com/watch?v=iCi_WHTurIs

研究

Sakai, H; Kawaguchi, T; Shimizu, Y; Nomura, T, Large supercooling of Al–Si alloy in microcapsule composed of Al2O3 shell, J. Energy Storage 2024, 87, 111261

Published APR 01 2024

【産総研マガジン-話題の〇〇を解説】エネルギーキャリアとは?

【産総研マガジン-話題の○○を解説】「水素エネルギー」とは?

Kobayashi,K.;Javaid,R.;Manaka,Y.;Nanba,T.;Nishi,M.;Mochizuki,T.;Chen,S.;<u>Takagi,H.</u> (2023). Comparison of Several Ammonia Catalysts Worked Under Industrial Conditions. In: Aika, Ki., Kobayashi, H. (eds) CO<sub>2 </sub>Free Ammonia as an Energy Carrier. Springer, Singapore. 10.1007/978-981-19-4767-4_17

Kobayashi,K.;Javaid,R.;Manaka,Y.;Nanba,T.;Nishi,M.;Mochizuki,T.;Chen,S.;Takagi,H. (2023). Comparison of Several Ammonia Catalysts Worked Under Industrial Conditions. In: Aika, Ki., Kobayashi, H. (eds) CO2 Free Ammonia as an Energy Carrier. Springer, Singapore. 10.1007/978-981-19-4767-4_17

ハイライト

Contact

お問い合わせ